アクセスカウンター
移動機能

アクセスカウンター

あなたは5669584人目です。

カレンダー

一年前2017一年後
一ヶ月前11一ヶ月後
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
  拡大カレンダー表示に切り替えます。
島原高校携帯サイト
移動機能

島原高校携帯サイト


行事予定等について,携帯サイトでもお知らせしています。
上のバーコードを読み取るか,下記のアドレスへアクセスしてください。
http://www.shimabara-h.ed.jp/k/

 E-mail:shimabara-h@news.ed.jp

自然科学

心に響く人生の達人セミナー

表示内容を印刷します。
2012/11/16平成24年度『夢の実現と後輩たちへのメッセージ』
画像
by: 島高
11月16日(金) 「心に響く人生の達人セミナー」が行われました。
  講師 松島 加代子 氏
  演題 「夢の実現と後輩たちへのメッセージ」
【講師紹介】
1997年 長崎県立島原高等学校卒業(49回生)
1997年〜2003年 長崎大学医学部
2003年 長崎大学第二内科入局、長崎大学病院・長崎医療センターにて臨床研修
2005年 長崎大学第二内科 医員(2009年〜 長崎大学消化器内科)
2006年〜2010年長崎大学大学院 2010年博士号取得
2010年 長崎大学消化器内科客員研究員
2011年 長崎大学病院 医療教育開発センター(キャリア支援室)助教
2012年 短期留学(Mayo clinic, USA)
【要旨】
後輩たちへのメッセージ
1、常に心を開いておくこと(学ぶべきことは近くにある、身近な友人、先生から。)
2、回り道、失敗なんてない。(自分次第で逆境もエネルギーになる。)
3、省みること。(自分自身を振り返り、他者からの助言を恐れないこと。)
 
○高校時代の話、恩師との思い出
 医師か学校の先生になるか、迷ったが、兄弟の影響や恩師の助言で小児科医になることを決定。
 弁論部では、九州大会に出場するなど人前で話すことに自信をつける。
 
○大学、研修医、大学院での思い出
 心を開くこと・・・研究で上の先生から声をかけられたら、その助言に耳を傾け恩師と共に研究をしてきた。
 回り道、失敗・・・初めに取り組んだ研究は、成果がでなかったが、その後の研究につながり、無駄にならなかった。
 
○臨床医として・・・
カプセル内視鏡、超拡大内視鏡の研究を行う。
海外の学会にでるモチベーションの一つは、フェルメールの絵画を見ること。
アメリカやカナダに留学し、最新医療や医療システムを学ぶ。
〜 世界を知って日本を知る。 世界を知って自分を知る 〜
 
○今後の目標
1、よい教育者になること。
2、臨床能力の向上 一症例を大切に!
 
みなさんも島高生の誇りを持って頑張って下さい。
 
質問
・医療系の仕事に就くために今から学んでおくことは何かありますか?
・限られた時間の中で学ぶコツを教えて下さい。
・医師として楽しいこと、喜びを感じることを教えて下さい。
・長崎大学の強みはなんですか?
・松島先生にとって島高とはどんな存在ですか? 

 

 
 


投票する|投票数(0)|コメント(0)