カレンダー

前年2017次年
前月02次月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2
3
4
  拡大カレンダー表示に切り替えます。

お知らせ

島原高校同窓会事務局
 TEL/FAX 0957-65-5069
 Mail:shimakou@axel.ocn.ne.jp

カウンター

あなたは3916136人目です。
Welcome to 島高同窓会HP
移動機能

Welcome to 島高同窓会HP

  「長崎県立島原高等学校職業別名簿」発刊の案内にご注意を!
 同窓会や学校から「長崎県立島原高等学校職業別名簿」発刊についての案内はしておりません。一切関係ありませんのでご注意ください。

寄付金依頼の電話にご注意を!
 同窓会から「寄付金をお願いします」という電話が他校の同窓会であっているようです。島高同窓会や学校からは寄付金をお願いする電話は一切ありませんのでご注意ください。


新着情報

過去日間

日誌

■事務局だより
 123|
作成日2017/02/15タイトル同窓会誌32号に関する訂正とお詫びby: 島高同窓会

1月1日に発行し、既に皆さまのお手元にお届けしております島原高校同窓会誌32号の巻頭言 「温故知新」(P2)の中で、『岐阜県幸田町』と記載がありましたが、正しくは『愛知県幸田町』、また、島原市と姉妹都市との記載がありましたが、正しくは『歴史と文化の友好交流の推進について協定を結んでいる都市』でございました。

謹んで、訂正しお詫びいたします。

島原高校同窓会会長  星野 親房

同窓会誌編集委員長  柴田 和子

作成日2017/01/13タイトルセンター試験出陣式画像by: 島高同窓会

今週末の14日(土)・15日(日)、いよいよセンター試験が実施されます。

センター試験を受験する島高3年生(高69回生)も、本日、出陣式を終え、たくさんの後輩や職員、保護者の皆さんに見送られ出発しました。

 

   

 

 先輩 頑張ってくださ〜い!!

 ありがとう!頑張って来ま〜す(^o^)丿

 宇宙からのパワー 隕石力〜

 いざ、出陣!

あいにく今年も厳しい寒さの受験となりそうですが、体調にはくれぐれも注意し、三年間培ってきた力を全て出し切れるよう頑張ってきてください!


作成日2016/12/21タイトル全国高等学校弓道選抜大会 激励会画像by: 島高同窓会

12月21日(水) 12時40分より、島原高校校長室において、12月23日から愛知県名古屋市で開催される「第35回全国高等学校弓道選抜大会」に出場する堀川紗奈さん(2年生)に、同窓会とPTAより激励金が手渡されました。

■星野親房同窓会長(高14)より激励金贈呈

■本田裕章PTA会長(高31)より激励金贈呈

■堀川紗奈さんよりお礼のことばと決意表明

■堀川さん、星野同窓会長、本田PTA会長と

■野田定延校長(高30)、顧問の宮本等先生(高28)も一緒に



作成日2016/12/19タイトル一八がんば会画像by: 島高同窓会

18回生学年同窓会の「一八がんば会」では、島高を卒業して50年の記念事業の一つとして、『卒業50周年記念誌』を発行され、12月15日(木)秋岳館研修室にて会員の皆さんへの発送作業が行われました。

18回生を代表して、楠大典さん、吉田俊生さん、佐藤栄子さん、福田秀子さんにご来校いただき、会員や恩師の延べ100名を超える原稿で、各種資料等も含めて508ページという大変立派な記念誌を、「後輩たちや在校生の今後の指針にしていただければ…」と、同窓会と島原高校にも寄贈していただきました。有り難く、校長室、図書室、秋岳館の同窓会文庫に保存させていただきましたので、一人でも多くの同窓生の皆さんにご覧いただけたらと思います。

    

また、「ぜひ在校生の支援に役立ててほしい」と、募られた寄付の中から、母校である島原高校へ寄付金も贈呈していただきました。本当にありがとうございました。

なお、『一八がんば会卒業50周年記念同窓会』の報告が、来月発行予定の同窓会誌32号に掲載されますので、ぜひご覧ください!


作成日2016/12/14タイトル65回生 卒業4年目の同窓会支援画像by: 島高同窓会

同窓会では、卒業4年目の学年同窓会への支援を行っています。

今年度も、1月2日(月) 15時30分より、HOTELシーサイド島原において、高65回生の学年同窓会が開催される予定です。12月8日時点での参加予定は179名と、今回も盛大な同窓会となるようです。

例年、島原高校同窓会も当日に会場へお邪魔していたのですが、今回、幹事を務めている永野至信くんと横山清香さんのお二人に秋岳館に来館いただき、ささやかですがお祝い金を贈呈しました。

 

■星野親房会長(高14)からのお祝いのことば 

■お祝い金贈呈(心ばかりですが…)

■永野くんからのお礼のことば

 

■峯陽子事務局長(高26)より、ご出席いただいた野田校長先生と吉田英雄教頭先生(高35)のご紹介

■野田定延校長先生(高30)からのお祝いのことば

今回、代表でお祝い金を受け取ってくれた永野くんと横山さんは、どちらも大学卒業を前に一時帰省し、ご実家のお手伝いをされているとか。偉いですね〜。お二人から「今回の同窓会を楽しみにしてくれている同級生達の期待に応え、いい同窓会になるように頑張りたい!」との言葉を聞き、とても頼もしく感じました!どうか4年目の同窓会が65回生の皆さんにとってかけがえのない素敵な時でありますように…

■幹事の永野至信くんと横山清香さん

作成日2016/12/06タイトル平成28年度島原高校同窓会評議員会画像by: 島高同窓会

 10月22日(土) ホテル南風楼において平成28年度島原高校同窓会評議員会・総会及び懇親会を開催いたしました。

まずは、14時30分より、総会に先立ち、40名の出席者にて同窓会評議員会を行いました。

峯陽子事務局長(高26)の司会により開会し、高城昭紀会長(高11)からご挨拶があり、会長のご指名により柴田和子副会長(高12)が議長として選出されました。

柴田議長の進行のもと、峯事務局長より平成27年度会務報告、長森壽夫島原高校事務長より決算報告、大野友道監事(高25)より監査報告がなされ、一括承認。

  質疑:総会反省会費については、幹事学年の労をねぎらうために、もう少し増やしてはどうか。

  応答:現在一人当たり2,000円の補助だが、今後、検討していきたい。

続いて、峯事務局長による平成28年度事業計画(案)、長森事務長による会計予算(案)も一括承認。

役員改選(任期2年)では、高城昭紀会長の退任により、新会長に星野副会長、新副会長に小松理事の就任、柴田副会長と監事二名の再任を承認。

改選後の新役員・理事は以下のとおりです。

会長:星野親房(高14)、 副会長:柴田和子(高12)・小松廣海(高23)

監事:大野友道(高25)・本田裕章(高31)

理事:大隅謙一郎(高14)・蒲池興照(高23)・宮崎理恵子(高25)・森本和孝(高26)・

    松本展枝(高27)・佐藤美由紀(高28)・宮孝三(高33)・清水聖子(高35)・

    金本孝明(高39)・横田耕詞(高40)  

最後に、 峯事務局長による閉会の挨拶により、平成28年度の評議員会は無事終了いたしました。

評議員会終了後、今回の総会実行委員長の田上伸一さん(高27)より、評議員会にご出席の皆さんへ、総会・懇親会のご案内をしていただきました。

なお、今年度の評議員会の内容については、金本理事作成の会議録を、草野未江子氏・宮崎好弘氏の署名のうえ、事務局より各地区事務局・会長様へ送付いたしました。     

    

作成日2016/12/05タイトル島原高校同窓会総会・懇親会画像by: 島高同窓会

10月22日(土) 14時30分より、平成28年度島原高校同窓会評議員会・総会及び懇親会が、秋の気配が感じられる島原市内のホテル南風楼にて開催されました。

  総会では、会務報告など審議事項はすべて承認されました。また、役員改選が行われ、高城昭紀会長(高11)が勇退され、新会長に星野親房さん(高14)が就任されるとともに、新役員4名も選出されました。

 続いて懇親会に移りました。まず、来賓を代表して中村法道長崎県知事(高21、途中で挨拶)、古川隆三郎島原市長(高27)、勝又康浩関東島高同窓会会長(高23)からご挨拶をいただきました。

次に、私どもの大先輩であります島原高等女学校34回生、島原中学45回生,島原高校1回生のご出席の皆さまに敬意を表して花束の贈呈を行いました。今後とも、ご指導よろしくお願いします。

乾杯の音頭を保里川振一郎長崎普賢会会長(高20)にとっていただき、酒宴へと入っていきました。

続いて、アトラクションに入り、まず、27回生バンド「マセトローション」の演奏です。今回は、塚野君、馬場君、古川君の3名での出演となりました。曲名は「あの素晴らしい愛をもう一度」「見上げてごらん夜の星を」「バラが咲いた」の懐かしい3曲が披露されました。演奏に合わせて、島原の風景を会場に流し、途中では「島原守護神しまばらん」が登場し、「バラが咲いた」は歌詞をスクリーンに出して大合唱。大いに盛り上がりました。

これで思い出話に火がついたのか、ボルテージも一気に最高潮に達しました。その中、中村県知事が駆けつけられて挨拶をいただきましたが、とても大きな声で話されていました。

次は、お楽しみ抽選会です。古瀬寛治さん(高25)から昭和の島原半島写真アルバム(3冊)を寄贈いただきましたので、島原のSQ商品と合わせて10名に贈呈いたしました。

とその時、近藤義昭さん(高6)から飛び入りしたいという申し出があり、妙に楽しい「ズンドコ節」を披露され、皆爆笑。ありがとうございました。

後半は、島高節を27回応援団の音頭で肩を組みながら高らかに歌い、さらに、校歌が斉唱され、フレーフレー島高で懇親会が締められました。

 

最後に、来年度当番幹事である28回生が舞台に揃い、代表の村中賞悟さんが決意を述べ、万歳三唱が行われました。

今回は、380名(?)の参加をいただき、ありがとうございました。皆さんの思い出にバラが咲いたら良かったなと思います。

副幹事の31回生には、お楽しみ抽選会、しまばらん出演、写真係など担当してもらいました。ご協力ありがとうございました。

                                 総会実行委員長 田上伸一(高27)


作成日2016/12/02タイトル平成28年度総会反省会画像by: 島高同窓会

11月29日(火) 18時30分より、海望荘において、役員4名、理事7名、校内理事5名、27回生5名、28回生4名、事務局員1名の計26名の皆さんにご参加いただき、平成28年度島原高校同窓会総会(10月22日開催)の反省会を行いました。

峯陽子事務局長(高26)の司会のもと、最初に今回の総会にて就任された星野親房新会長(高14)、野田定延校長(高30)のご挨拶。(事務局が受付で写真が間に合いませんでした!申し訳ありません!)

その後、協議に入り、田上伸一実行委員長(高27)より実行委員活動報告を、長森壽夫事務長より総会運営費決算報告(予定)を、峯事務局長より総会準備から当日までの流れや反省点などの報告をしていただきました。

補足として、チケットの取りまとめを担当してくださった宮東三氏(高27)より、当日精算やチケット販売に関するトラブルを防ぐための今後の課題やアドバイスをいただきました。実際に担当された方ならではの貴重なご意見ほんとうにありがとうございます!ぜひ今後に活かしていきたいと思います。

続いて、次年度総会の日程・会場についての確認と同時開催された秋岳館ギャラリーについての報告の後、今回就任された小松廣海新副会長(高23)のご挨拶と乾杯のご発声で慰労会・懇親会へと移りました。

27回生・28回生の皆さんは、向かい合わせでお酒を酌み交わしながら、和やかながら中身の濃い情報交換をしていただけたのではないでしょうか。

最後に、次年度総会実行委員長の村中賞悟氏(高28)からの来年に向けての力強いご挨拶と万歳三唱で総会反省会はお開きとなりました。


作成日2016/11/14タイトル有明島高会 第32回総会画像by: 島高同窓会

 万歳三唱のあとは、壇上のお酒を巡って、恒例のジャンケン大会が行われ、大いに盛り上がって、賞品の日本酒はしかるべき方々の手に渡り・・・懇親会は終了となりました。ピンチヒッターの蒲池さん!名司会ぶりお見事でした。お陰様で楽しい時間を共有することができました。参加された皆様、本当に有り難うございました。

 

 

 
 
□付録
 ・「メイプル混声合唱団♪」演奏会のお知らせ・・・メイプル合唱団でいつもお隣の蒲池さんと草野さんと共に、演奏会のアピールを兼ねて、最後に「ふるさと♪」を歌いました。今年結成5年目にあたる「メイプル混声合唱団♪」は12月18日(日)に初めての演奏会を開催致します。島高の合唱部の創設者である植木幹彦先生(22回)のご指導で、島高PTAの皆さんや島高合唱部OBを中心とした30名ほどのメンバーが集まって週1回、1時間のみの練習を行ってきました。島原文化会館大ホールにて、午後2時からの開演です。皆様どうぞお誘い合わせの上、ご来場下さい。


 
 ・「日本初の鉄道 新橋―横浜間運行『1号機関車』島鉄に」・・・レジメの裏には、今後、島原観光の牽引役になるかもしれないという西日本新聞の記事が紹介されていました。島原鉄道の社長や島原市長が協力して、1号機の復活構想に取り組んでおられるとのことです。この構想が実現し、「SLで地域の魅力を高めることができれば・・・」いいですね。「ふるさと再生の一助」となって欲しいものです。
                                                                                                           文責(事務局長:峯)

作成日2016/11/11タイトル有明島高会 第32回総会画像by: 島高同窓会

■総会:11月1日(火)19:00〜                  於:仲よし
 有明島高会は、毎年11月1日(島高創立記念日)に開催されており、今年で第32回を迎えられました。『深淵大澤』(「ここ島高から龍蛇にも比す偉人が輩出する」という意味)を会の「看板」に掲げ「島高創立116周年」を祝う宴に、今年は約20名が集い、少人数精鋭のとてもアットホームな会となりました。
 式次第は、「有明島高会」ならではのユニークなA3版の1枚もの:中を開くと昨年度のスナップ写真満載―1年前の懐かしい写真:すまし顔・はにかむ顔・苦笑いの顔・満面の笑顔―顔・かお・顔―が全面を埋め尽くしている「思い出アルバム!」そのものなのです。それだけですっかり心和む演出です!
 また、島田次男氏(8回)より、がんば博士こと近藤義昭氏(6回)のがんば談義()を含む「ありあけの歴史と風土(第26号)」という「有明の歴史を語る会」による81頁にも及ぶ冊子も配られました。地域に根ざした文化を継承する地道な活動が行われていることにあらためて敬服致しました。
 総会は、欠席の森山一秀副会長(17回)の代打として、蒲池興照氏(22回)の司会で始まりました。アルコールが入る前からの名調子で、会は、終始和やかな雰囲気に包まれていました。まさにお人柄からにじみ出るパワーの成せる業でしょうか。物故者への黙祷の後、全員で校歌斉唱へと続きます。
 

 

馬場顕亮会長(14回)の挨拶の後、来賓挨拶。今回は残念ながら新会長の星野親房氏(14回)も新校長の野田定延氏(30回)も校務のためご欠席でしたが、代わりに野田校長からの文書を配布致しました。学校経営方針・現況報告及び自己紹介を含めた『ご挨拶文』には、新校長の教育に対する情熱や母校に対する熱い想いが込められています。定時制の現況ももちろん、『中腰』や『八角堂』の懐かしい写真入りの心のこもった挨拶文でした!会場の皆様もその一文一文に丁寧に目を通されていらっしゃいました。
 毎年有明島高会に参加され、今年で11年目に当たる高城昭紀同窓会会長は、先の同窓会総会にて7年間の任務を終え、退任なさいました。今回は残念ながらご欠席でしたが、有明東高会からお礼の品が贈呈されました。草野さんと事務局の峯が代理として受け取りました。高城先生、長い間、有り難うございました。その後、事務局の峯から、今年の秋岳館ギャラリー(小野大輔先生や生徒達のチョーク絵展)、いわて国体での剣道少年男子の3連覇や囲碁部門での全国優勝などの記事の紹介と同窓会協力金のお願いを致しました。
 簡潔な会務報告のあと、島田次男氏(8回)より9月に行われた長崎普賢会での浦川末子会長の文書「〜若者への期待〜」が皆様へ配られました。大変すばらしいお話でしたので・・・というコメント付きで、その時の感動を熱く語られ、とても印象深く残りました。
乾杯のあとは、しばし歓談・・・。あちこちで和気藹々の懇親会が始まりました。

 

 

 

さて、いよいよ自己紹介の時間です。有明島高会は自己紹介はとてもユニーク。歳の若い順に全員が自己紹介をなさいます。37回生から6回生までそれぞれ会期毎に起立しての自己紹介。終始笑顔での自己紹介は本当に和やかで楽しい時間でした。今年の最多参加学年も馬場会長率いる14回生。昨年より2名少ない4人の参加でしたが、大病を患いながらも、病を克服して参加された皆様!自称『ゾンビ学年』という紹介に会場からはひときわ大きな声援=エールが送られました!最高齢の近藤義昭氏(6回)は有明で織られたというお着物で登場。先日、南風楼で開催された『婚活』に参加されたというユーモアに溢れるお話は、微笑ましいエピソードとして、温かな笑いを誘っておりました。毎年同じ日に、懐かしい顔に会える企画は、有明島高会のまさに「誕生会」そのものであり、会の代名詞であります。

 

 

 

 

 

 

 

最後に、昨年度果たせなかったお約束・・・!還暦Tシャツ持参で踊りました!『ニンジャリバンバン!』・・・会場の皆さんに「手裏剣のシュシュシュシュのあと、「し♪ま♪こ♪う♪・・・し♪ま♪こ♪う♪」の合いの手を入れて頂き、バッチリ盛り上げて頂きました・・・?冷や汗をかきながら何とか無事に終わりました!皆様ご協力有り難うございました。

 

 


 123|