アクセスカウンター
移動機能

アクセスカウンター

あなたは5154852人目です。

カレンダー

一年前2017一年後
一ヶ月前05一ヶ月後
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
  拡大カレンダー表示に切り替えます。
島原高校携帯サイト
移動機能

島原高校携帯サイト


行事予定等について,携帯サイトでもお知らせしています。
上のバーコードを読み取るか,下記のアドレスへアクセスしてください。
http://www.shimabara-h.ed.jp/k/

 E-mail:shimabara-h@news.ed.jp

自然科学

お知らせ



 このページでは本校の特色ある教育活動を紹介していきます。
 
〔本校の魅力、本校ならではの特色〕
1900(明治33)年の県立島原中学開校以来、「文武両道」の校是のもと、礼節と質実剛健の気風を尊び、幾多の有為な人材を輩出してきた伝統校です。「輝け★21世紀の旗手・青き楓たち」をスローガンに、「品格ある島高生たれ」をテーマとして教育活動が展開されています。
将来リーダー(旗手)としての活躍が期待される島高生(青き楓たち)には、「旗手」としての資質が求められます。「旗手」とは人の上に立つ人ではなく、先頭を歩く人のこと。進むべき方向を見定め先頭を歩くには重い責任と困難が伴います。それでも気概を失わず、先見性や洞察力、判断力を発揮して全体を導くことのできる人材を育てるのが島原高校の教育です。
21世紀のリーダーに求められる真の力を身につけるには、その前提として信頼に足る「品格」を備えることが大切と考え、その具現化のため、3つの「S」を掲げています。Smile「笑顔〔ポジティブな発想〕」、Science「理性〔科学的なものの見方〕」、そしてStoic「辛抱〔甘えの克服〕」です。こうした環境で充実感ある3年間を過ごし、生徒たちは母校への誇りを持って卒業していきます。

日誌

特色ある教育活動>>記事詳細
表示内容を印刷します。
2013/09/01青楓祭2013〜文化祭〜画像by: 島高
  「青楓祭2013」のテーマは、「Voice 〜届けたい心の声 見つけたい新しい自分〜」です。
  私達の心の中には言葉で言い表すことが難しい「思い」もある。そんな「心の声」を、音や形やパフォーマンスで表現し、身近な人に感じ取ってもらえるような青楓祭にしたいという願いを込めました。とりわけ今年の文化祭は、文化部の発表が中心であることから、日頃の活動の積み重ねでしか出来ない質の高い発表で、表現する側も鑑賞する側も感動するような文化祭を造り上げることができました。また、自分自身と戦いながら今まで以上に良いものを創ろうと努力する中で、新しい自分に出会えるような青楓祭になったのではないでしょうか。 

投票する|投票数(0)