アクセスカウンター
移動機能

アクセスカウンター

あなたは5755504人目です。

カレンダー

一年前2017一年後
一ヶ月前12一ヶ月後
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
  拡大カレンダー表示に切り替えます。
島原高校携帯サイト
移動機能

島原高校携帯サイト


行事予定等について,携帯サイトでもお知らせしています。
上のバーコードを読み取るか,下記のアドレスへアクセスしてください。
http://www.shimabara-h.ed.jp/k/

 E-mail:shimabara-h@news.ed.jp

自然科学

お知らせ


 本校理数科は平成15年に設置され,この春,第12期生が入学してきました。
理数科は,将来理系の学部学科への進学を希望している生徒を,早い時期から育てていくことを目的とし,SPP(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト)や課題研究,大学への研修旅行など,普通科にはない活動を実施しています。

 ここでは,理数科の活動を紹介していきます。



日誌

■理数科の活動
 |1234|
作成日2016/08/19タイトル1年生 大学研修(長崎総合科学大学)画像by: 島高
8/18(木)〜 19日(金)、理数科1年生の大学研修として、長崎総合科学大学に行ってきました。

作成日2016/08/08タイトル2年生 大学研修(長崎大学シーボルト校)画像by: 島高
8/8(月)、理数科2年生の大学研修として、長崎県立大学シーボルト校に行ってきました。この日は長崎北陽台高校の生徒達とともに『.薀奪箸硫鯔脅存魁戞忰▲ビの観察』『エネルギー代謝と健康度評価』の3つの班に分かれて実験・実習を行いました。高校ではできない専門的な内容を、大学生に手伝ってもらいながら、楽しく学ぶことができました。

作成日2016/08/01タイトル出前実験(島原市立第一小学校)画像by: 島高
8/1(月)、理数科2年生が島原市立第一小学校の児童に対して出前実験を行いました。これは小学生に対して、理数科の2年生が先生役になり、実験を企画・実施することにより、本校生の課題解決能力を高めることを目的とするとともに、小学生へ理科の楽しさを伝えようという取組です。この日に向け、高校生は事前の準備・練習を何度も行い、本番に臨みました。小学生は夏休み期間中にも関わらず、定員を超える31名も集まってくれました。当日は「じょぼじょぼ(水の実験)」「ぴかぴか(光の実験)」「しゅぽしゅぽ(真空の実験)」「バンジーチャイム(音の実験)」「まぐまぐ(磁石の実験)」という5つの実験をしましたが、どの実験にも小学生は楽しそうに取り組み、理科への関心が深まったようでした。
作成日2016/07/22タイトル環境教育〜有家川の水質調査画像by: 島高
7/22(金)、悪天候のため延期されていた理数科1年生の有家川実習を実施しました。

作成日2016/04/13タイトル理数科対面式画像by: 島高
 4/13(水)、上級生が各学年での取り組みや理数科の生徒としての心構えをなどを新入生に伝える理数科対面式を行いました。

3年生代表挨拶

理数科課題研究発表

1年生代表挨拶

作成日2016/03/17タイトル平成27年度 理数科課題研究本発表会画像by: 島高
 3/17(木)、理数科2年生が1年間取り組んできた課題研究の本発表会を実施しました。資料を用いた口頭発表の後、研究内容を模造紙1枚にまとめて質問に答えるポスター発表も行いました。発表内容は以下の通りです。
 
第1班 束ねたチューブによる人工声帯の研究
第2班 自然放射線の測定
第3班 南中時間から求める太陽の軌道の考察
第4班 島原温泉を利用した化学電池の考察(優秀賞)
第5班 垂木台地の植生調査
第6班 二酸化窒素の汚染調査
第7班 発芽・成長と塩の関わり
第8班 台風15号の目は島原市を通過したか(最優秀賞)
第9班 水の種類による植物の成長の変化
第10班 古代エジプト数学
第11班 素数の複素数による分解
第12班 『「ax+by=1(a,bは互いに素)」
      これを満たす整数x,yは
      必ず存在する』のイメージ化

口頭発表の様子
 
 
ポスター発表の様子
 
 
 
最優秀賞 「台風15号の目は島原を通過したか」(地学班)
 
優秀賞  「島原温泉を利用した化学電池の考察」(化学班)
作成日2015/11/05タイトル課題研究中間発表会画像by: 島高
11/5(木)、2年生が課題研究中間発表会を実施しました。発表内容は以下の通りです。
 
数学(4班)
・古代エジプト数学について
・「ax+by=1(a,bはお互いに素)」
 これを満たす整数x,yは必ず存在するの意味
・素数の複素数による分解
・地球の楕円軌道の計算
物理(2班)
・放射線の測定
・チューブによる人口声帯の研究
化学(2班)
・二酸化窒素の汚染調査
・温泉水をつかった電池の考察(化学)
生物(2班)
・酸素・水・温度・・・塩分
・水の種類による植物の成長の変化
地学(1班)
・台風15号の中心と目の関係
植生(1班)
・垂木台地の植生調査
 
 
本日の中間発表で受けたアドバイスや質問を踏まえ、3月の課題発表大会に向けて、研究を続けていきます。


作成日2015/10/23タイトル平成29年度 理数科 第1学年島原半島巡検URLby: 島高
平成29年度理数科第1学年島原半島巡検の様子はこちらをご覧下さい。
作成日2015/08/19タイトル1年理数科研修旅行(長崎総合科学大学)画像by: 島高
 8/18(火)、19(水)、本校理数科1年生が長崎総合科学大学にて大学研修を受講しました。
 この研修は理数科の特色ある活動の1つであり、「人工網膜」といった最先端の研究や、「造船技術シミュレーター」の操作など、普段は味わうことができない体験ができました。長崎総合科学大学の関係者の皆様、2日間ありがとうございました。
 

 
 
 
 
 
 
作成日2015/04/20タイトル理数科対面式画像by: 島高

4/17(金)7校時 理数科対面式が行われ、理数科の2・3年生から新入生に活動の紹介等が行われました。

教頭挨拶
 

3年生による理数科紹介
 

3年生による活動紹介
 

2年生による活動紹介
 

1年生代表挨拶
 

理数科主任挨拶
 


 |1234|